副業・兼業のガイドライン

近年、副業や兼業を認める企業さまが増えてきました。

そこで、厚生労働省から、ガイドライン・モデル就業規則が公表されました。

このガイドラインでは、原則、副業・兼業を認めることを基本方針としています。

副業・兼業を禁止、一律許可制にしている企業は、副業・兼業が自社での業務に支障をもたらすものかどうかをいま一度精査した上で、そのような事情がなければ、労働時間以外の時間については、労働者の希望に応じて、原則、副業・兼業を認める方向で検討することが求められるとしています。

実務上は労働時間の確認や情報管理の徹底などの課題もありますが、最近は意識の高い労働者であればあるほど、将来に向け、複数の収入の路を模索し、副業・兼業に関心を持つ傾向があります。

企業としても一律で禁止とすることは人材流出の危険性も抱えることになりかねません。まずは以下のガイドライン等を確認されることをお勧めします。

副業兼業に関するガイドライン

副業・兼業に関するパンフレット

とは言っても、それぞれ企業さまに合った規則にする必要があります。

それがトラブルを未然に防止することにも繋がります。

御社の方針に迷いが有ったり、規定の見直しの検討など

お気軽にお問い合わせくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

副業・兼業Q&A